小じわは化粧品でカバー|日々のスキンケアで気になる小じわを除去

日々の積み重ねを見直す

金髪の婦人

積み重ねの怖さ、大事さ

肌はとても繊細なため、わずかなダメージでも蓄積してしまいます。その繊細さは、洗顔や入浴の際に顔をこするだけでもダメージとなるほど。日中に出かけるだけでも、紫外線や乾燥といった避けようのないダメージが肌に重なるのです。そしてその結果できるのが小じわです。ダメージを負った肌の細胞は、水分を留めておく力が弱まります。すると肌の弾力が無くなってしまい、たるんだ部分が小じわになってしまうのです。一度できてしまった小じわを無くすのは、なかなか大変です。小じわの原因がダメージの蓄積のため、ケアもまた1つ1つの蓄積が大事になるためです。つまり小じわを無くすケアとは、効果が薄くともしっかり積み重ねることを指すのです。

ケア用品に力を注ぐ

小じわのケアには、まず原因を潰す事が第一歩となります。肌細胞を壊す紫外線や乾燥から肌を守るため、化粧品や日焼け止めを見直す事もケアにつながります。化粧品やクリームは、いわば薬品なので多少なりとも肌にダメージを与えるものです。しかしだからと言って何もしなければ、ダイレクトに直射日光のダメージを受ける事になります。ここで重要なのは、いかに自分の肌へ影響の少ない化粧品を選ぶかです。少しでも違和感を感じるのであれば、すぐに別のものに変える勇気が大事なのです。また利用方法も確認し直しましょう。付け過ぎや、保存方法の不適切さは肌へのダメージをかえって増やしかねません。化粧品の使用方法をしっかり把握した上で、面倒であっても定期的にケアし直す意識が大切となります。

気負い過ぎないケアで

コットン

小じわの原因は日常生活に潜んでいます。生活習慣の乱れは間接的に、そして日光による乾燥は直接的に肌へダメージを与えるのです。まずは小じわの原因を特定する事がケアにつながります。いざケアを始める際、意識しすぎてはいけません。洗顔や化粧に力を入れ過ぎると逆効果だからです。じっくりとケアをしていきましょう。

More Detail

肌に水分が必要です

スキンケア

小じわは肌が乾燥した合図となりますため、肌に水分を与えていく必要があります。そのためにはスキンケアをするために肌への浸透性を高めることが大事です。その方法として洗顔後にスチームを当てることで肌が温まり、化粧水などの浸透性を高めてくれます。

More Detail

肌にシワをつくらない

肌のケア

若さを保つため必要なのは潤いであることは知られていますが、そのために美容液を使用すれば小じわにならずにすみます。 肌の老化をものがたる小じわ対策として、毎日のスキンケアに美容液を加えることが必要となります。

More Detail